Logo Search packages:      
Sourcecode: cadencii version File versions  Download package

Static Public Member Functions | Public Attributes | Static Public Attributes | Properties | Events | Static Private Member Functions | Private Attributes | Static Private Attributes

org::kbinani::cadencii::AppManager Class Reference

Collaboration diagram for org::kbinani::cadencii::AppManager:
Collaboration graph
[legend]

List of all members.

Static Public Member Functions

static String _ (String id)
 gettext
static void addBgm (String file)
static void applyUtauParameter (VsqTrack vsq_track, VsqEvent item)
 指定したトラックの,指定した音符イベントについて,UTAUのパラメータを適用します
static void cleanupDeadSelection (Vector< ValuePair< Integer, Integer >> before_ids)
 「選択されている」と登録されているオブジェクトのうち、Undo, Redoなどによって存在しなくなったものを登録解除する
static void clearBgm ()
static int clockFromXCoord (int x)
 画面のx座標からクロック数を取得します
static void debugWriteLine (String message)
static EditorConfig deserializeEditorConfig (String file)
static void deserializeRenderingStatus (String directory, int track)
 指定したディレクトリにある合成ステータスのxmlデータを読み込みます
static Color getAlertColor ()
 ピアノロール上の音符の警告色を取得します. 音抜けの可能性がある音符の背景色として利用されます
static Color getAlertHilightColor ()
 ピアノロール上の音符の警告色を取得します. 音抜けの可能性のある音符であって,かつ現在選択されている音符の背景色として利用されます.
static BgmFile getBgm (int index)
static int getBgmCount ()
static String getCadenciiTempDir ()
 Cadenciiが使用する一時ディレクトリのパスを取得します。
static int getCurrentClock ()
 現在の演奏マーカーの位置を取得します。
static EditMode getEditMode ()
 現在の編集モードを取得します.
static String getFileName ()
 _vsq_fileにセットされたvsqファイルの名前を取得します。
static Color getHilightColor ()
static String getID ()
 FormMainを識別するID.
static int getLengthQuantizeClock ()
 音符長さクオンタイズ時の音符の最小単位を、クロック数に換算したものを取得します
static int getPositionQuantizeClock ()
 位置クオンタイズ時の音符の最小単位を、クロック数に換算したものを取得します
static int getPreviewEndingClock ()
static boolean getRenderRequired (int track)
static int getSelected ()
 現在選択されているトラックを取得または設定します
static EditTool getSelectedTool ()
 現在選択されているツールを取得します。
static VsqID getSingerIDAquesTone (int program)
static VsqID getSingerIDUtau (int language, int program)
static SingerConfig getSingerInfoAquesTone (int program_change)
static SingerConfig getSingerInfoUtau (int language, int program)
static Vector< VsqIDgetSingerListFromRendererKind (RendererKind kind)
 指定した音声合成システムが使用する歌手のリストを取得します
static String getTempWaveDir ()
 音声ファイルのキャッシュディレクトリのパスを取得します。
static String getVersionStringFromRendererKind (RendererKind kind)
 指定した音声合成システムを識別する文字列(DSB301, DSB202等)を取得します
static VsqFileEx getVsqFile ()
 vsqファイル。
static Vector< String > getWineProxyArgument ()
 voacloidrv.shからwineを呼ぶために,ProcessBuilderに渡す 引数リストの最初の部分を取得します
static void handleAutoBackupTimerTick (Object sender, BEventArgs e)
static void init ()
static void invokeWaveViewReloadRequiredEvent (int track, String wavePath, double secStart, double secEnd)
static boolean isCurveMode ()
 ベジエ曲線を編集するモードかどうかを取得します。
static boolean isCurveSelectedIntervalEnabled ()
static boolean isGeneratorRunning ()
 波形生成器が実行中かどうかを取得します
static boolean isGridVisible ()
 グリッドを表示するか否かを表す値を取得します
static boolean isOverlay ()
static boolean isPlaying ()
 現在プレビュー中かどうかを示す値を取得します
static boolean isRepeatMode ()
 現在のプレビューがリピートモードであるかどうかを表す値を取得します
static boolean isShowingDialog ()
 beginShowDialogが呼ばれた後,endShowDialogがまだ呼ばれていないときにtrue
static boolean isWholeSelectedIntervalEnabled ()
static void loadConfig ()
 設定ファイルを読み込みます。 設定ファイルが壊れていたり存在しない場合、デフォルトの設定が使われます。
static int noteFromYCoord (int y)
 ピアノロール画面のy座標から、その位置における音の高さを取得します
static double noteFromYCoordDoublePrecision (int y)
 ピアノロール画面のy座標から、その位置における音の高さを取得します
static Vector< PatchWorkQueuepatchWorkCreateQueue (Vector< Integer > tracks)
 指定したトラックについて,再合成が必要な範囲を抽出し,それらのリストを作成します
static boolean patchWorkToFreeze (FormMain main_window, Vector< Integer > tracks)
 指定したトラックのレンダリングが必要な部分を再レンダリングし,ツギハギすることでトラックのキャッシュを最新の状態にします. レンダリングが途中でキャンセルされた場合にtrue,そうでない場合にfalseを返します.
static boolean readVsq (String file)
 xvsqファイルを読込みます.キャッシュディレクトリの更新は行われません
static void redo ()
 リドゥ処理を行います。
static void reloadUtauVoiceDB ()
 utauVoiceDBフィールドのリストを一度クリアし, editorConfig.Utausingersの情報を元に最新の情報に更新します
static void removeBgm (int index)
static void runGenerator (long samples)
 波形生成器を別スレッドで実行します
static void saveConfig ()
 現在の設定を設定ファイルに書き込みます。
static void saveTo (String file)
static void serializeEditorConfig (EditorConfig instance, String file)
static void serializeRenderingStatus (String temppath, int track)
 指定したトラックの合成ステータスを,指定したxmlファイルに保存します.
static void setCurrentClock (int value)
 現在の演奏マーカーの位置を設定します。
static void setCurveMode (boolean value)
 ベジエ曲線を編集するモードかどうかを設定します。
static void setCurveSelectedIntervalEnabled (boolean value)
static void setEditMode (EditMode value)
 現在の編集モードを設定します.
static void setGenerator (WaveGenerator generator)
 波形生成器を設定します
static void setGridVisible (boolean value)
 グリッドを表示するか否かを設定します
static void setHilightColor (Color value)
static void setOverlay (boolean value)
static void setPlaying (boolean value, FormMain form)
 プレビュー再生中かどうかを設定します.このプロパティーを切り替えることで,再生の開始と停止を行います.
static void setRenderRequired (int track, boolean value)
static void setRepeatMode (boolean value)
 現在のプレビューがリピートモードかどうかを設定します
static void setSelected (int value)
static void setSelectedTool (EditTool value)
 現在選択されているツールを設定します。
static void setTempWaveDir (String value)
 音声ファイルのキャッシュディレクトリのパスを設定します。 このメソッドでは、キャッシュディレクトリの変更に伴う他の処理は実行されません。
static void setVsqFile (VsqFileEx vsq)
static void setWholeSelectedIntervalEnabled (boolean value)
static BDialogResult showMessageBox (String text, String caption, int optionType)
static BDialogResult showMessageBox (String text, String caption)
static BDialogResult showMessageBox (String text)
static BDialogResult showMessageBox (String text, String caption, int optionType, int messageType)
static BDialogResult showModalDialog (BDialog dialog, System.Windows.Forms.Form parent_form)
 ダイアログを,メインウィンドウに対してモーダルに表示し,ダイアログの結果を取得します
static int showModalDialog (UiBase dialog, System.Windows.Forms.Form parent_form)
 ダイアログを,メインウィンドウに対してモーダルに表示し,ダイアログの結果を取得します
static BDialogResult showModalDialog (BFolderBrowser dialog, System.Windows.Forms.Form main_form)
 ダイアログを,メインウィンドウに対してモーダルに表示し,ダイアログの結果を取得します
static int showModalDialog (BFileChooser dialog, boolean open_mode, System.Windows.Forms.Form main_form)
 ダイアログを,メインウィンドウに対してモーダルに表示し,ダイアログの結果を取得します
static void stopGenerator ()
 波形生成器を停止します
static void undo ()
 アンドゥ処理を行います。
static void updateAutoBackupTimerStatus ()
static int xCoordFromClocks (double clocks, float scalex, int start_to_draw_x)
 クロック数から、画面に描くべきx座標の値を取得します。
static int xCoordFromClocks (double clocks)
 クロック数から、画面に描くべきx座標の値を取得します。
static int yCoordFromNote (float note)
 音の高さを表すnoteから、画面に描くべきy座標を計算します
static int yCoordFromNote (float note, int start_to_draw_y)
 音の高さを表すnoteから、画面に描くべきy座標を計算します

Public Attributes

const int DYNAFF_ITEM_WIDTH = 40
 強弱記号の,ピアノロール画面上の表示幅(ピクセル)
const int FONT_SIZE10 = FONT_SIZE8 + 2
const int FONT_SIZE50 = FONT_SIZE8 + 42
const int FONT_SIZE8 = 8
const int FONT_SIZE9 = FONT_SIZE8 + 1
const int keyOffset = 6
 keyWidth+keyOffsetの位置からが、0になってる
const int MAX_KEY_WIDTH = MIN_KEY_WIDTH * 5
const int MAX_PRE_MEASURE = 8
 プリメジャーの最大値
const int MIN_KEY_WIDTH = 68
const int MIN_PRE_MEASURE = 1
 プリメジャーの最小値

Static Public Attributes

static Font baseFont10 = new Font( "Dialog", Font.PLAIN, FONT_SIZE10 )
 画面描画に使用する共用のフォントオブジェクト
static Font baseFont10Bold = new Font( "Dialog", Font.BOLD, FONT_SIZE10 )
 画面描画に使用する共用のフォントオブジェクト
static int baseFont10Height = FONT_SIZE10
 フォントオブジェクトbaseFont1-の描画時の高さ
static int baseFont10OffsetHeight = 0
 歌詞を音符の(高さ方向の)真ん中に描画するためのオフセット。 たとえば,文字列の中心軸がy_centerを通るように描画したい場合は,

g.drawString( ..., x, y_center - baseFont10OffsetHeight + 1 )

とすればよい

static Font baseFont50Bold = new Font( "Dialog", Font.BOLD, FONT_SIZE50 )
 画面描画に使用する共用のフォントオブジェクト
static int baseFont50Height = FONT_SIZE50
 フォントオブジェクトbaseFont50の描画時の高さ
static int baseFont50OffsetHeight = 0
 歌詞を音符の(高さ方向の)真ん中に描画するためのオフセット。 たとえば,文字列の中心軸がy_centerを通るように描画したい場合は,

g.drawString( ..., x, y_center - baseFont50OffsetHeight + 1 )

とすればよい

static Font baseFont8 = new Font( "Dialog", Font.PLAIN, FONT_SIZE8 )
 画面描画に使用する共用のフォントオブジェクト
static int baseFont8Height = FONT_SIZE8
 フォントオブジェクトbaseFont8の描画時の高さ
static int baseFont8OffsetHeight = 0
 歌詞を音符の(高さ方向の)真ん中に描画するためのオフセット。 たとえば,文字列の中心軸がy_centerを通るように描画したい場合は,

g.drawString( ..., x, y_center - baseFont8OffsetHeight + 1 )

とすればよい

static Font baseFont9 = new Font( "Dialog", Font.PLAIN, FONT_SIZE9 )
 画面描画に使用する共用のフォントオブジェクト
static int baseFont9Height = FONT_SIZE9
 フォントオブジェクトbaseFont9の描画時の高さ
static int baseFont9OffsetHeight = 0
 歌詞を音符の(高さ方向の)真ん中に描画するためのオフセット。 たとえば,文字列の中心軸がy_centerを通るように描画したい場合は,

g.drawString( ..., x, y_center - baseFont9OffsetHeight + 1 )

とすればよい

static ClipboardModel clipboard = null
 クリップボード管理クラスのインスタンス
static readonly Color COLOR_BORDER = new Color( 118, 123, 138 )
 よく使うボーダー線の色
static boolean drawCurveDotInControlCurveView = true
 コントロールカーブに、データ点を表す四角を描くかどうか(デフォルトはtrue)
static boolean drawItemBorderInControlCurveView = true
 コントロールカーブに、音符の境界線を重ね描きするかどうか(デフォルトはtrue)
static boolean drawOverSynthNameOnPianoroll = true
 ピアノロール画面に、現在選択中の歌声合成エンジンの種類を描くかどうか
static EditHistoryModel editHistory = null
 編集履歴を管理するmodel
static EditorConfig editorConfig = new EditorConfig()
 エディタの設定
static readonly Color[] HILIGHT
 トラックの背景部分の塗りつぶし色。16トラックそれぞれで異なる
static FormIconPalette iconPalette = null
 アイコンパレット・ウィンドウのインスタンス
static ItemSelectionModel itemSelection = null
 選択アイテムの管理クラスのインスタンス
static int keyWidth = MIN_KEY_WIDTH * 2
 鍵盤の表示幅(pixel)
static VsqEvent mAddingEvent
 音符の追加操作における,追加中の音符
static int mAddingEventLength
static boolean mAutoNormalize = false
 自動ノーマライズモードかどうかを表す値を取得、または設定します。
static boolean mAutoScroll = true
 再生時に自動スクロールするかどうか
static boolean mCurveOnPianoroll = false
 ピアノロール画面に,コントロールカーブをオーバーレイしているモード
static SelectedRegion mCurveSelectedInterval = new SelectedRegion( 0 )
 コントロールカーブ上で選択された範囲(単位:クロック)
static Rectangle mCurveSelectingRectangle = new Rectangle()
 コントロールカーブ上で現在選択されている範囲(x:クロック、y:各コントロールカーブの単位に同じ)。マウスが動いているときのみ使用
static float mDirectPlayShift = 0.0f
 直接再生モード時の、再生開始した位置の曲頭からの秒数
static boolean[] mDrawIsUtau = new boolean[16]
 各トラックがUTAUモードかどうか.mDrawObjectsと同じタイミングで更新される
static Vector< Vector
< DrawObject > > 
mDrawObjects
 画面に描かれるエントリのリスト.trackBar.Valueの変更やエントリの編集などのたびに更新される
static int[] mDrawStartIndex = new int[] { 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0 }
 AppManager.m_draw_objectsを描く際の,最初に検索されるインデクス.
static double mForbidFlipPlayingThresholdSeconds = 0.2
 再生開始からの経過時刻がこの秒数以下の場合、再生を止めることが禁止される。
static LyricTextBox mInputTextBox = null
 歌詞入力に使用するテキストボックス
static boolean mIsPointerDowned = false
 マウスが降りていて,かつ範囲選択をしているときに立つフラグ
static RenderedStatus[] mLastRenderedStatus = new RenderedStatus[16]
 最後にレンダリングが行われた時の、トラックの情報が格納されている。
static int mLastTrackSelectorHeight
static FormMain mMainWindow = null
 メインの編集画面のインスタンス
static FormMainController mMainWindowController = null
 メイン画面のコントローラ
static FormMixer mMixerWindow
 ミキサーダイアログ
static Point mMouseDownLocation = new Point()
 マウスが降りた仮想スクリーン上の座標(ピクセル)
static int mPreviewEndingClock = 0
 プレビュー終了位置のクロック
static double mPreviewStartedTime
 プレビュー再生が開始された時刻
static XmlSerializer mRenderingStatusSerializer = new XmlSerializer( typeof( RenderedStatus ) )
 RenderingStatusをXMLシリアライズするためのシリアライザ
static String mSelectedPaletteTool = ""
 現在選択中のパレットアイテムの名前
static TreeMap< String,
UtauVoiceDB
mUtauVoiceDB = new TreeMap<String, UtauVoiceDB>()
 UTAUの原音設定のリスト。TreeMapのキーは、oto.iniのあるディレクトリ名になっている。
static SelectedRegion mWholeSelectedInterval = new SelectedRegion( 0 )
 Ctrlキーを押しながらのマウスドラッグ操作による選択が行われた範囲(単位:クロック)
static int mWholeSelectedIntervalStartForMoving = 0
 範囲選択モードで音符を動かしている最中の、選択範囲の開始位置(クロック)。マウスが動いているときのみ使用
static readonly Color[] RENDER
 トラックをレンダリングするためのボタンの背景色。16トラックそれぞれで異なる
static readonly Vector< BKeys > SHORTCUT_ACCEPTABLE
 ショートカットキーとして受付可能なキーのリスト
static boolean showContextMenuWhenRightClickedOnPianoroll = true
 ピアノロール上で右クリックでコンテキストメニューを表示するかどうか
static boolean skipDrawingWaveformWhenPlaying = true
 再生中にWAVE波形の描画をスキップするかどうか(デフォルトはtrue)
static readonly String[] TEXT_ENCODINGS_IN_UTAU = new String[] { "Shift_JIS", "UTF-16", "US-ANSI" }
 UTAU関連のテキストファイルで受け付けるエンコーディングの種類
static readonly String[] usingS
 スクリプトに前置されるusingのリスト
static VibratoLengthEditingRule vibratoLengthEditingRule = VibratoLengthEditingRule.PERCENTAGE
 音符の長さが変更されたとき、ビブラートの長さがどう影響を受けるかを決める因子
static XmlSerializer xmlSerializerListBezierCurves = new XmlSerializer( typeof( AttachedCurve ) )
 AttachedCurve用のシリアライザ

Properties

static int Selected [get]
static VsqFileEx VsqFile [get]

Events

static
EditedStateChangedEventHandler 
EditedStateChanged
 編集されたかどうかを表す値に変更が要求されたときに発生するイベント
static BEventHandler GridVisibleChanged
 メイン画面で、グリッド表示のOn/Offが切り替わった時発生するイベント
static BEventHandler MainWindowFocusRequired
 メインウィンドウにフォーカスを当てる要求があった時発生するイベント
static BEventHandler PreviewAborted
 プレビュー再生が終了した時発生するイベント
static BEventHandler PreviewStarted
 プレビュー再生が開始された時発生するイベント
static BEventHandler SelectedToolChanged
 編集ツールが変化した時発生するイベント
static BEventHandler UpdateBgmStatusRequired
 BGMに何らかの変更があった時発生するイベント
static
WaveViewRealoadRequiredEventHandler 
WaveViewReloadRequired
 波形ビューのリロードが要求されたとき発生するイベント. GeneralEventArgsの引数は,トラック番号,waveファイル名,開始時刻(秒),終了時刻(秒)が格納されたObject[]配列 開始時刻>終了時刻の場合は,partialではなく全体のリロード要求

Static Private Member Functions

static void beginShowDialog ()
 モーダルなダイアログを出すために,プロパティウィンドウとミキサーウィンドウの「最前面に表示」設定を一時的にOFFにします
static void checkSerializedEvents (EditedZone zone, VsqTrack vsq_track, TempoVector tempo_vector, EditedZoneUnit[] areas)
 指定されたトラックにあるイベントの内、配列areasで指定されたゲートタイム範囲とオーバーラップしているか、 または連続している音符を抽出し、その範囲をzoneに追加します。
static void endShowDialog ()
 beginShowDialogで一時的にOFFにした「最前面に表示」設定を元に戻します
static double noteFromYCoordCore (int y)
static boolean previewStart (FormMain form)
 プレビュー再生を開始します. 合成処理などが途中でキャンセルされた場合にtrue,それ以外の場合にfalseを返します
static void previewStop ()
 プレビュー再生を停止します
static void runGeneratorCore (Object argument)
static void saveToCor (String file)

Private Attributes

const String CONFIG_FILE_NAME = "config.xml"
const String TEMPDIR_NAME = "cadencii"

Static Private Attributes

static BTimer mAutoBackupTimer
static int mCurrentClock = 0
static boolean mCurveSelectedIntervalEnabled = false
 選択範囲が有効かどうか。
static EditMode mEditMode = EditMode.NONE
static String mFile = ""
static boolean mGridVisible = false
static Color mHilightBrush = PortUtil.CornflowerBlue
static String mID = ""
 このCadenciiのID。起動ごとにユニークな値が設定され、一時フォルダのフォルダ名等に使用する
static boolean mIsCurveMode = false
 Bezierカーブ編集モードが有効かどうかを表す
static Object mLocker
static Object mLockerPlayingProperty = new Object()
 Playingプロパティにロックをかけるためのオブジェクト
static boolean mOverlay = true
 トラックのオーバーレイ表示
static boolean mPlaying = false
static Thread mPreviewThread
 mWaveGeneratorを動かしているスレッド
static boolean mRepeatMode = false
static int mSelected = 1
static EditTool mSelectedTool = EditTool.PENCIL
static boolean mShowingDialog = false
 ダイアログを表示中かどうか
static String mTempWaveDir = ""
 wavを出力するための一時ディレクトリのパス。
static VsqFileEx mVsq
static WaveGenerator mWaveGenerator = null
 現在稼働しているWaveGenerator.稼働していないときはnull
static WorkerStateImp mWaveGeneratorState = new WorkerStateImp()
 mWaveGeneratorの停止を行うためのコマンダー
static boolean mWholeSelectedIntervalEnabled = false
 SelectedRegionが有効かどうかを表すフラグ

Detailed Description

Definition at line 84 of file AppManager.cs.


The documentation for this class was generated from the following file:

Generated by  Doxygen 1.6.0   Back to index